スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪中葉書が!

昨日の日曜日、無事に初七日も終わりました。
なんだか書類のことやら、初七日のことやら、名義の変更やらしんみりと悲しんでいる暇もないもんですね。

父は次男なので、家では初めての仏さん。
そのため、分からない事だらけで、親戚の人やら友達やらにすっごく細かい疑問を教えてもらって、何とかやっているって所です。
だってさ~、まだ仏壇もないし、当然仏具もちゃんと揃ってない。
ローソクってチャッカマンでつけていいの? から始まりましたから。
これは、あちこちの家庭で使っているようだし、お坊さんも何も言わずチャッカマンでローソクでつけていたので問題なしってことが判明。
お布施の額から、分からなくて大騒ぎよね。
四十九日までは毎週お坊さんが来てくれるけど、その後は毎月の月命日に来てくれるようになる。
それをどこで春・秋の彼岸とお盆になるのかとかも謎だったんだけど、こちらでは大体三回忌くらいまで月命日に来てもらうようです。

そして、今日はお墓の場所の確認に父と行って来ました。
市内を見下ろせる、車で行くとそんなにかからない所にあるので、木が邪魔ではあるけど、家が近くに見下ろせる場所でした。
日当たりはいいか、とかあれこれ場所を移動しながら少しでも見晴らしのいいところを探してきましたよ。
お墓も今は第三希望まで出すようです。
しかも、そこの霊園は造成されてから大分たつから、見晴らしのいいところは全て入居済み。
思ったより、生前に建立しているお墓もありました。
今はこういった手続き関係が目白押しです。

そして、喪中葉書!
父のは早い段階で主人に頼んで印刷してもらって投函したのですが、母が危篤となって付き添いをしていたので、家の事を全てしてくれて、いつ電話が来るか分からない状態で、気も休まらなかった主人をこれ以上頼るのも申し訳ないと思い、ウチの分は私が作ることにしたのです。
フリーの住所印刷のソフトを入れたら、エクセルがほとんどなので、使い勝手が分からず何度打ち直したことか・・・。
しかも、エクセルのアプリケーション自体カスタムでインストールしているので、何かが足りないらしく上手く行かない。
ということで、市販のソフトを購入しました。
年賀状用だけど、ちゃんと欠礼用の文例や画像も入っているのよね。
こんなんなら、とっとと市販で買えばよかったよ。
今回はすぐに喪中葉書を出さなくちゃいけないので、今まで宛名は手書きでとこだわっていましたが、今回は印刷です。
でも、住所録を作るのに3日もかけて打ち込んでは失敗していたのを考えると、手書きでも充分間に合ったかもと思いましたよ。
まあ、何とか喪中葉書も出来上がったので良しとしましょうね!
カテゴリー
*里親募集サイト*
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。