スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日

相変わらず、早朝散歩は続いているのですが、母が亡くなって、父の家の炊飯器が一升炊きのため、1日置きじゃないと、ご飯を食べきれないってことで、ウチから一日置きに朝ごはんの早い父のために6時に仏飯を届けていたのです。
その後、また日中に寄ったりしていて、早朝散歩を続けていたんだけど、ついに新しい5合炊きの炊飯器を買ったらしく、私の一日置きの仏飯お届けがなくなり、いつ行っても大丈夫になりました。

ってことで、まだ早朝散歩もしていますが、明るい時間帯の散歩にも慣らそうと思って、日中も連れ歩いています。
やっぱり、早朝だとまだ周りが真っ暗だから、ちょっとの事でもビビリのユウは吠えちゃう所があるんだけど、目視が出来ると、よほどの事がなければ、吠えませんね~。
全然吠えないわけじゃないんだけどさ。
相変わらず、マスクの人は不審人物と認識しちゃうようで、警戒モード。

それでも、平穏な散歩をしていたんだけど、今日は後方からご近所のノーリードわんこが吠え掛かってきました。
私もユウも油断していて、ゲフゲフ聞こえるな~と思って振り返ったらいたって感じで、当然売られたケンカは買う娘なので、応戦!
ただ、そのノーリードわんこ、ユウが来たばかりの時に、調子に乗って吠え掛かってきて、ユウに押さえつけられたことがあるので(噛み付きはしませんよ)ユウが届かないところで、ひとしきり吠えて、満足したら去って行きました。
収まらないのがユウで、なんでいなくなるのよ!! 状態でしばらく興奮状態で吠えまくる。
そうなると、落ち着くまでありとあらゆるものが気に食わなくなってしまうのよね~。
吠えながら立ち上がって抱きついてくるので、抱いて撫でてあげていました。
何故に私はわんこと道でラブシーンを繰り広げているんだ? と思いながら(笑)
そういう時に限って、散歩をしている人がいたりして、失笑を買うのよね~。
大きいのに怖がりね~みたいな。
ま、その通りなので、反論の余地もございませんが。

さすがにご近所のノーリードわんことは仲良くなれそうにないけど、日中の散歩にもまた徐々に慣れて、時間帯を少しずつ明るい時間帯にしていこうと思ってます。

流氷が接岸してからが、オホーツク海側はシバレルので、あまりに寒いのも人間も辛いしね。
カテゴリー
*里親募集サイト*
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。